顎関節症との関係

  • HOME
  • 顎関節症との関係

顎関節症との関係

顎関節症は、原因が顎関節自体にあるという見解が主流ですが何度も調整しても私にはいまいち納得できない結果しか得られませんでした。
実はその概念自体が違うんじゃないか…というのが、私の師事している先生の見解でした。最近多い顎関節のお悩み、そして整体では1番難しいと言われる部位によく出てくる調整です。ぜひご来店していただいて、ビックリして帰って下さい(^^)

顎関節の痛み・違和感は全身のゆがみの結果

顎関節症の原因

顎関節症は、口を開けるまたは閉じるといった行為の際に、顎の関節部分に痛みや違和感を生じるものです。

このような場合、ついつい痛みの原因は顎の関節部分にあると考えてしまわれるものでしょう。

もちろん、痛みや違和感がある場合には、その部分に問題があることは間違いではありませんが、原因となる部分はそこだけではなく、全身のゆがみが要因となっていることも考えられます。特に頭蓋骨の状態の影響が大きいと考えられます。

顎のゆがみは顔のゆがみ

顎のゆがみ

顎のゆがみが出てしまうと顔のゆがみに繋がる場合が多くありますので、注意が必要です。

顎のゆがみが出た場合には自分でケアをすることが難しくなります。当店では、頭蓋骨を調整することによって、顎のゆがみをとっていきます。顎のゆがみは頭蓋骨からゆがみが発生している場合が多いので、自分で直すことは難しくなります。

自分で無理やり直そうとすると、悪化することにも繋がりかねません。当店では、カウンセリングを行い、お客様ひとりひとりにあった調整をしております。

自律神経との関係

自律神経との関係

普段の生活の中で、体調が良かったり悪かったりすることは、自律神経との関係が大いにあると言われています。

自律神経をしっかりと整え、健康で美しくあるためには専門家によるマッサージやつぼ押し、リラクゼーション施術などが効果的です。

食事や生活習慣の改善はもちろんですが、こうした外的刺激によって乱れた自律神経を元通りにすることで良くなる場合もあります。
現代人の乱れがちな神経を整えます。